バジル・バラエティー Naribee's garden
10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バジル・バラエティー

2008/05/17

これからの時期、恐らく日本中のハーブ愛好家が欠かさず育てるのが、バジルなのではないかと思う。

             ハーブイラスト.gif     

マンハッタンで有名なジャズハウスのスイートベイジル(Sweet Basil)が、
実はスイートバジルの事だと知ったのは、15年ほど前。

同じ頃、イタリア人が鼻に抜けるような発音で
「バズィリーコ」と呼ぶ野菜も同じバジルなのだと知り、
目の前の雲が晴れたような気がした。

でも、一体どんな香りがするのだろう?味は?まだまだ未知の物だった。

それほどあの頃は、バジルはまだ我々の生活に根ざしてはいなかったのだ。

それが今や。猛ダッシュで我々の食卓に駆け寄ってきた。

バジルにはたくさんの種類がある。
日本でバジルと言うと大抵は「スイート・バジル」の事だ。

 ST330043.JPG

でも、思いつく限りでも、この他に
ブッシュバジル
ホーリーバジル
ルビンバジル
レッドオパールバジル
グリーンラッフルバジル
レモンバジル
などがあり(もちろん他にも沢山)、
それぞれに香りが違うので、用途も違う。

今年は珍しいバジルが奇跡的に手に入った。


それはbolloso de napoletanoというイタリアのバジルで、
大きな少し厚めの葉っぱに、凝縮された風味と香りがあり、
一般的なスイートバジルよりも力強い感じがする。


残念な事に、市場には殆ど出回っていない。

    bolloso de napoletano 

少し前まで、レタスバジルとこのnapoletanoは同じものだと思っていたが、
レタスバジルはa foglie lattugaという別名がつけられているし、
香りがもっと穏やかなので、やはり別物だ。

lattuga(ラトゥーガ)はイタリア語でレタスのことで、
名前の通りレタスのような大きな葉が特徴。


トマトやモッツアレラ・チーズをくるりと包んで食べる事ができる。
韓国料理で言うところのサンチュのような食べ方をする。

写真のfoglie lattugaはまだ苗なので、あまり葉の大きさがわからない。

    ST330042.JPG  

この貴重なa foglie lattugaも8鉢購入して育てることにした。
種を取っておけば数年は楽しめる。

バジル中毒のムスメは、まだ小さいバジルの苗から葉っぱをちぎり、
むしゃむしゃと食べている。

この大きい害虫に食い尽くされないように、早く大きくなれなれ、
イタリアのバジルたち。

 バジル.gifスイートバジルはこちらから入手できる


ハーブの苗 「スイートバジル 9cmポット」

関連記事
スポンサーサイト
00:00 ハーブ達 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。