カツオとモルディブ料理 Naribee's garden
09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

カツオとモルディブ料理

2008/06/05

目に青葉 山ほととぎす はつ松魚(がつを)

初夏の風物を江戸の庶民が並べて愛でた句である。
それほどカツオは日本の文化だと思われるが、
鰹節のルーツを探ると、はるかインド洋のモルディブ共和国にたどり着いたりする。

モルディブはカツオの漁獲量10万トンを超えるカツオ大国。
日本への輸出量も実は大変に多い。
現地ではモルディブフィッシュと呼ぶこともある程だ。

初鰹2.JPG

我が家の初鰹はオーソドックスにたたきで頂いたが、
私にはカツオの大好きな食べ方が二つある。

フレーク状のカツオに、ココナッツ、レッドオニオン、
 チリペッパーを合わせたものにライムを搾り、
 ロシ(チャパティ)に包んで頂くモルディブ料理。
 マスフニという料理だ。

う~んと辛みを効かせて食べるのが好きなので、
子供にはちょっと無理かもしれない。

カツオが手に入らない時期には、ツナ缶で代用しても良いと思う。

もうひとつはマスリーハと言う、カツオのフィッシュカレー。
 これも伝統的なモルディブ料理で、
 サラサラのココナツベースのスープのカレーの中に、
 カレーリーフと言うハーブ(日本では見かけない)と共に
 ごろっとカツオの切り身が入っている。

マスはディベヒ語で魚、リーハはカレーの意味。

カレーにカツオなんて、とお思いでしょう?
これがなかなか美味しいんですよ(^^)

探したら画像があったので、興味がある方はこちらを。

年に一度訪れるモルディブでは、必ずと言っていい程この料理が出される。
だから、私にとってカツオ=モルディブになった

もしお刺身で頂いた後カツオが余ったら、
こんな料理でアレンジしては如何かしら。

来月、またモルディブを訪れる事になっている。
思いを馳せながら、今年最初のカツオを頂く。

初鰹.JPG

 

3キロ¥3830!\(◎o◎)/!たっぷりたっぷり♪

      

ご訪問ありがとうございます。
お帰りの前にポチっと応援していただけると励みになります。
よろしくお願いいたします(*^_^*)
 ↓ ↓ ↓

料理ブログ

関連記事
スポンサーサイト
00:00 料理 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
Re:カツオとモルディブ料理(06/05)
マスフニ気になる~。
味の想像もなかなか出来ないけど美味そうには思えます。
ココナツ余ってるから何か作ってみようっと(^^)
ぽちっとな~。
Re[1]:カツオとモルディブ料理(06/05)
midget cafeさん
>マスフニ気になる~。
こんにちわ~。
マスフニは日本人の味覚に合うので、現地でも大人気なんですよ(^^)
モルディブでは朝ごはんメニューとして食べられてます。
もちろんサンドイッチの具にしてもグゥ~♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。